【法務省より】外国人留学生の就職支援に関しての告示改正

2019年05月28日  

法務省からの発表によると、外国人留学生が日本の大学や大学院を卒業した後に、現在よりも幅広い職種で就職できるようになるようです。

これによって、大学などでの専門知識の活用や高い日本語能力を持つこと、日本人と同等以上の報酬を得るなどの一定の条件はあるものの、

多くの留学生が飲食店や小売店でのサービス業や製造ラインの業務に就くことができるようになりそうです。

なお、在留資格としては「特定活動」になる見込みです。

2019年5月30日から施行予定です。

下記URLもご参照ください(日本語のみ)。

 

法務省HP: http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00210.html

関連記事HP:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000048-kyodonews-soci&fbclid=IwAR26rt56GXEqHBeev5KxY1EstcbUdy0bf92Mu8ahRCLxNwt0qYxfg-qEw_w

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000530-san-soci&fbclid=IwAR14Tcva1veNeauFc5s1CG6nF3iVhZ3tPJKLeYIpi1prpQh2SGlzUSi_bY0

 

 


最新記事10件

2021年09月17日日本で古物(中古品を)売買する古物商許可

2021年08月20日就職活動ビザ(特定活動)の取り方

2021年08月20日外国人が免税店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が飲食店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が日本で会社を設立するときの流れ

2021年08月18日海外からのインターンシップ生は、日本でのインターンシップが修了した後に他の特定技能への変更が可能か

2021年08月17日飲食店で外国人を採用する方法

2021年07月19日就労資格証明書交付申請

2021年07月19日新型コロナ:在留資格認定証明書の有効期間がさらにのびました。

2021年07月19日退職した時にすること

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ