入管法で定められている27種類の在留資格について

2019年06月04日  

入管法で定められている27種類の在留資格は4区分に大きく分かれます。
①就労が認められる在留資格

(外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術・人文知識・国際業務、企業内転筋、興行、技能、技能実習、高度専門職)
②就労が認められない在留資格

(文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在)

③就労の可否は指定される活動による在留資格

(特定活動)

④身分または地位に基づく在留資格

(永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者)

http://www.japan-immigration.com/article/13642401.html

 

 


最新記事10件

2020年08月14日日本であかちゃんが生まれた(うまれた)ときすること

2020年08月14日特定(とくてい)活動(かつどう)(出国(しゅっこく)準備(じゅんび))

2020年08月07日在留(ざいりゅう)カードをなくした時にすること

2020年08月06日特定技能「特定技能所属機関」と「登録支援機関」

2020年08月06日定住者

2020年08月06日日本人の配偶者と離婚・死別した場合。

2020年08月05日建設業で特定技能

2020年08月04日オンラインで日本語を学ぶことのできるサイト

2020年08月04日日系人が日本に来るためのビザ

2020年08月04日「日系4世のさらなる受入制度」

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ