入管法で定められている27種類の在留資格について

2019年06月04日  

入管法で定められている27種類の在留資格は4区分に大きく分かれます。
①就労が認められる在留資格

(外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術・人文知識・国際業務、企業内転筋、興行、技能、技能実習、高度専門職)
②就労が認められない在留資格

(文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在)

③就労の可否は指定される活動による在留資格

(特定活動)

④身分または地位に基づく在留資格

(永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者)

http://www.japan-immigration.com/article/13642401.html

 

 


最新記事10件

2021年07月19日就労資格証明書交付申請

2021年07月19日新型コロナ:在留資格認定証明書の有効期間がさらにのびました。

2021年07月19日退職した時にすること

2021年07月15日在留資格「企業内転勤」

2021年07月08日海外の大学生をインターンシップ生として呼びたい。

2021年07月08日ワーキングホリデーで来日

2021年07月07日特定技能一号で家族と日本に在留できる例外措置

2021年07月07日特定活動46号(本邦大学卒業者)

2021年07月07日新型コロナウイルス感染症の影響により実習が継続困難となった技能実習生等に対する雇用維持支援

2021年07月06日告示外特定活動 就職活動ビザ

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ