入管法で定められている27種類の在留資格について

2019年06月04日  

入管法で定められている27種類の在留資格は4区分に大きく分かれます。
①就労が認められる在留資格

(外交、公用、教授、芸術、宗教、報道、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術・人文知識・国際業務、企業内転筋、興行、技能、技能実習、高度専門職)
②就労が認められない在留資格

(文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在)

③就労の可否は指定される活動による在留資格

(特定活動)

④身分または地位に基づく在留資格

(永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者)

http://www.japan-immigration.com/article/13642401.html

 

 


最新記事10件

2019年07月18日在日モンゴル大使が県庁で中村時広知事と交流などについて懇談

2019年07月11日今日はモンゴル伝統的な祭り「ナーダム祭」の日

2019年07月04日モンゴル国について基本情報

2019年06月17日日本の支援でモンゴル国立医科大学の付属病院が出来ました。

2019年06月12日外国人の我々が一番困りやすいポイントをサポート出来る

2019年06月07日モンゴル国会議長、在モンゴル日本国特命全権大使と会談

2019年06月04日入管法で定められている27種類の在留資格について

2019年06月03日外交・公用旅券所持者に対する外交・公用ビザ免除モンゴル

2019年05月31日外国人の永住条件について

2019年05月29日特定技能測定試験について

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ