外国人の就労制限について

2022年06月14日  

日本に滞在している外国籍の方は何かしらの在留資格(VISA)を取得されているかと思います。
その在留資格はそれぞれ取得される人の事情によって異なります。

今回は就労可能な在留資格の種類、働ける職種についてお話をします。

 

まず「身分系」と呼ばれる在留資格には就労制限がありません。
なので正社員でもアルバイトでも何の業務においても制限なく就労することが可能です。

 

身分系の在留資格
永住・日本人の配偶者等・永住者の配偶者等・定住者 など

 

また身分系以外の家族滞在・留学・その他、特定活動等の在留資格であれば就労目的ではなくても入管で「資格外活動」の申請をすることで週に28時間の時間制限付きではありますが、就労が可能となります。
(許可が下りてる方は在留カードの裏にスタンプが押されます。ご自身がどっちか分からなくなった場合には裏面を見てみてください)
ただし接待行為を伴うキャバクラやスナックなどでは資格外活動の許可を得ていたとしても働くことはできません。
もちろん性風俗のお店でも働くことはできません。

 

そして留学生などには特例があり、夏休みや春休みなど長期休暇の間だけ1週間の労働時間を40時間まで延長することも可能です。

 


最新記事10件

2022年06月14日外国人の就労制限について

2022年03月25日ウクライナ避難者受け入れ支援

2021年11月05日特定技能定期届出

2021年10月29日外国人が日本で旅行業を営むための許可

2021年09月17日日本で古物(中古品を)売買する古物商許可

2021年08月20日就職活動ビザ(特定活動)の取り方

2021年08月20日外国人が免税店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が飲食店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が日本で会社を設立するときの流れ

2021年08月18日海外からのインターンシップ生は、日本でのインターンシップが修了した後に他の特定技能への変更が可能か

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ