就職活動ビザ(特定活動)の取り方

2021年08月20日  

留学生が学校を卒業後も就職活動を続けたい場合、就職活動のための特定活動ビザを取ることができます。在留資格「留学」から「特定活動」へ変更することで、最長1年間(6月×2回)の滞在が可能となります。資格外活動を申請すれば週28時間以内のアルバイトも可能です。

※資格変更は、在学中から引き続き就職活動を行う方のみが対象となります。卒業後から就職活動をスタートする方は対象になりません

 

変更申請(留学→特定活動)

・在留期間変更許可申請書

・在学証明書(在学中の方)

・卒業証明書または、卒業見込み証明書(在学中の方)

・就職活動を行ってることを証明する資料

(会社説明会に参加したことが分かる資料・面接したことがわかる資料など)

・学校の推薦状

・日本に滞在を続けるのに十分な資金があることを証明できる資料(銀行の残高がわかるものなど)

・在留カード

・パスポート

・学生証(在学中のかた)

・資格外活動許可申請書(アルバイトをする予定の方)

 

更新申請

・在留期間更新許可申請書

・卒業証明書

・就職活動を行ってることを証明する資料

(会社説明会に参加したことが分かる資料・面接したことがわかる資料など)

・学校の推薦状

・日本に滞在を続けるのに十分な資金があることを証明できる資料(銀行の残高がわかるものなど)

・在留カード

・パスポート

・資格外活動許可申請書(アルバイトをする予定の方)

 

 


最新記事10件

2022年06月14日外国人の就労制限について

2022年03月25日ウクライナ避難者受け入れ支援

2021年11月05日特定技能定期届出

2021年10月29日外国人が日本で旅行業を営むための許可

2021年09月17日日本で古物(中古品を)売買する古物商許可

2021年08月20日就職活動ビザ(特定活動)の取り方

2021年08月20日外国人が免税店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が飲食店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が日本で会社を設立するときの流れ

2021年08月18日海外からのインターンシップ生は、日本でのインターンシップが修了した後に他の特定技能への変更が可能か

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ