技能実習から特定技能1号へ移行するためには??

2022年07月19日  

まず特定技能1号という在留資格は
日本企業の労働不足を補うことを目的として2019年4月に新設された在留資格です。

 

技能実習から特定技能1号へ移行するためには以下の条件をクリアする必要があります。

・技能実習2号を良好に修了していること
・技能実習の職種・作業内容が特定技能1号の職種と同じであること
※技能実習3号の場合には実習計画を満了することが要件です

そして技能実習から特定技能1号への移行可能な業種として
特定技能1号は
建設業、造船業、介護、ビルクリーニング、自動車設備、農業、漁業、外食業とさまざまな業種がありますが
特定技能2号は建設業、造船業と制限されています。

 

技能実習から特定技能1号への移行期間は大体4か月ほど要します。
技能実習生の在留期間によっては一旦母国に帰国するというケースもあるようです。

技能実習から特定技能1号に移行する際の特例措置は
受け入れ企業側と申請者である技能実習生の双方が要件を満たす必要あり。
特例措置については出入国在留管理庁のHPに記載がありますのでリンクを張っておきます。
https://www.moj.go.jp/isa/policies/ssw/10_00025.html

ご参考にしてみてください。


最新記事10件

2022年07月19日技能実習から特定技能1号へ移行するためには??

2022年07月15日技能実習生の在留資格について

2022年07月11日飲食料品製造業分野及び外食業分野の特定技能1号外国人が働ける場所とは

2022年07月01日お客様からのご質問

2022年06月14日外国人の就労制限について

2022年03月25日ウクライナ避難者受け入れ支援

2021年11月05日特定技能定期届出

2021年10月29日外国人が日本で旅行業を営むための許可

2021年09月17日日本で古物(中古品を)売買する古物商許可

2021年08月20日就職活動ビザ(特定活動)の取り方

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ