新型コロナの影響で仕事ができなくなった技術・人文知識・国際業務等の就労ビザの方へ

2020年05月21日  

新型コロナの影響で仕事量が減ったり、会社を解雇されてしまった場合、アルバイトができる制度があります。

 

対象となる方

会社の都合で

仕事がへってしまった方

会社をやめなければならなくなった方

自宅待機になった方

 

会社と相談して新型コロナの影響で仕事がなくなったことを証明する文書を用意してもらってください。また、雇用が続いている状態で仕事量が減ってしまった場合はアルバイトをすることについて会社の同意が必要です。

 

アルバイトができる資格外活動許可を申請できます。

 

期間

許可の日から6か月または在留期限が来るまでのいずれか

 

必要書類

・資格外活動申請書

・会社の同意、会社の都合で仕事がなくなってしまった/減ってしまったことを証明する文書

・パスポート

・在留カード

 


最新記事10件

2022年06月14日外国人の就労制限について

2022年03月25日ウクライナ避難者受け入れ支援

2021年11月05日特定技能定期届出

2021年10月29日外国人が日本で旅行業を営むための許可

2021年09月17日日本で古物(中古品を)売買する古物商許可

2021年08月20日就職活動ビザ(特定活動)の取り方

2021年08月20日外国人が免税店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が飲食店を日本で開くための許可

2021年08月19日外国人が日本で会社を設立するときの流れ

2021年08月18日海外からのインターンシップ生は、日本でのインターンシップが修了した後に他の特定技能への変更が可能か

一覧を見る

お気軽にお問い合わせください!メールフォームへ